2018年04月01日

二部 大天才軍師「RED CLIFF」レポート

安元洋貴&細谷佳正によるラジオ番組「天才軍師」による、パシフィコ横浜 国立大ホールでのイベント第二部。会場を所狭しと動き回り、時に真面目に、時にネタに走り、たくさんの“AD=リスナーさん)”と話しながら行った本公演の模様をお届けする。


----------------------------------------------------------

≪イベント構成≫

(1)オープニングトーク

(2)大天才プレゼンテーション

(3)俺たちは違いの分かるプロデューサーだ! 利き○○選手権

(4)でかい画面でゲームをしたい!

(5)細内寂聴 愛の駆け込み寺

(6)エンディング

----------------------------------------------------------

@オープニングトーク

第一部と同様、オープニングのコール後、ステージではなく客席後方通路より登場したヒロPとヨシP。先ずは三階を一緒に練り歩いた後、ヒロPは二階へ移動し着席。ヨシPは三階に留まったままオープニングトークを一人で実施。交互にトークを繋ぎながら階を一つずつ移動を繰り返し、会場の空気を“AD”と一緒に“AD”の目線で味わっていた。


_P6A0347.jpg


ステージ上ではぶっちゃけトークを行いつつ、イベントグッズ制作の裏側を“AD”に披露。今回は大きな会場で流石に在庫を抱えてはマズイということで、いろんな人の意見をいただきながら過去最高に売れそうなものを用意したとのことだ。


ヒロP「ポリバレントマットはもう1度やってほしいんだが……」

ヨシP「ダメ!ヒロP、そういうネタに走るのはどうもダメらしいんだよ(苦笑)」

ヒロP「パンフ見た? 撮影のとき、ヨシPが写真撮るごとにチェックしたがるの」

ヨシP「アートディレクターだからね」


_MAS3769.jpg



A大天才プレゼンテーション

会場が温まったところで、イベント前に“AD”から寄せられた写真をでっかいスクリーンで映してツッコミを入れあうこの企画を開始。昼の部に続いてテーマは「思わず二度見した写真」。


先ず披露されたのは、出力した紙の「4月」「11日」「が」「部」が窓に貼られたビルの写真。いずれの紙もズレ落ちかけており、何かの事件のメッセージのようになっていることに対して二人はツッコミを入れ、ボケあう。

パンダはいないけど「パンダ公園」という素敵なロゴを貼った公園の写真や、「麻婆ナス」と書かれた小さな苗が映っている写真、Aランチ・Bランチ・Cランチ、Dランチに加えて「魔法スペシャル」「ミスターL」という謎のメニューが書いてある写真等、どうしてこうなった?とツッコミを入れたくなる写真が次々と登場。話は尽きず、「また機会があればこういう写真が見たい」というリクエストをヒロPが入れていた。

2_ぶらら.jpg


_KUS0362.jpg



B俺たちは違いの分かるプロデューサーだ! 利き○○選手権

醤油、ポン酢、明太子など様々な利き比べを行ってきた当番組。「本当に違いが分かっているの?」と思う人もいるかもしれないということで、有志の“AD”と一緒に壇上で3パターンの利き○○に挑戦した。


最初のチャレンジは『お米』。3種用意された米の中でどれが一番高級かを当てられるかチャレンジする中、ヨシPは付け合せの辛い明太子を乗せてモリモリ食べ、途中で味が分からなくなってしまい、会場の笑いを誘う。続く『お茶』の利き比べでも全員が大苦戦。


そして最終質問は、最も高い『柔軟剤』を当てる匂い比べ。柔軟剤の匂いがしみ込んだマントを付けたヨシPがセグウェイでステージを駆け抜ける中、残り香をかいで当てるという謎勝負が繰り広げられた。勝敗の結果はさておき、「セグウェイを使った企画をやりたい」と希望を出していたヨシPはご満悦。華麗にセグウェイを乗りこなし、大いに楽しんでいた。


_MAS3948.jpg



Cでかい画面でゲームをしたい!

「アットホームな雰囲気がいいね」と言われる当番組。会場の皆さんにも、家にいるときのような雰囲気を味わっていただこうと、「俺らが家にいるときって何してんだ?そうだ、ゲームだ!」という発想の元、大きな画面を使ったテトリスにチャレンジしたが……想像以上の泥仕合になってしまい、二人は苦笑。ボロボロだったヨシPはラスト1戦で勝てそうな“AD”を選抜し、死闘を繰り広げた。


_KUS0457.jpg



D細内寂聴 愛の駆け込み寺

愛の伝道師であり、愛について悟りを開きつつある細内寂聴(=ヨシP)に“AD”の悩みを答えてもらう、番組本編&イベントの名物コーナー。「6年以上付き合っている男性が家に入れてくれない」「19歳で年齢が倍の遠距離恋愛中の彼氏がいる。長続きさせる方法は?」といった、難しい質問に対し、寂聴先生は真剣にアドバイスを送っていた。

最後は『付き合って3年。下の名前で呼べない。先生どうすればいいでしょう』という可愛らしい悩み相談に対し、寂聴先生はテンションをあげて「つっつきなさい!そういう時こそチャンスなんですよ」と優しくアドバイスをして締めくくった。


_MAS4382.jpg


Eエンディング

「実は…天才軍師を40歳になったとき1度辞めようと考えていた」と明かすヒロP。「俺、40歳でこういうノリでもうやっていけないかもしれない」と思っていたとき、休業に入ったヨシPの姿と「(ヨシP)が帰ってくるのを待ちます」と話をしたスタッフたちを見て、「俺も待たなければ」と思い、今は「辞めることを止めた」とのことだ。

ヨシPも「よくわかんないことを言っている僕のようなヤツが真面目なことを言っても、なかなか上手く伝わらない。これからどうしよう(、続けるべきだろうか…?)」と思い悩んだ時期があったそうだ。休業が空けてから「これはこれでいいのかもしれない」と思うようになり、今に至るとのことだ。


お互いの秘めていた想いを明かしあった上で、改めて応援してくれている“AD”に感謝の気持ちを伝え、「今後もどどうぞよろしくお願いします」「愛しているぜ横浜!」とメッセージを伝え、手を振りつつ舞台を去り、「大天才軍師」は幕を下ろした。


gunshi1.jpg


tensai2.jpg


尚、本イベントの模様はDVD化され、2018928日発売される予定だ。詳しくは「天才軍師」公式HP・ツイッター、マリン・エンタテインメント公式ツイッター等で後日告知があるので要チェックだ。


-----------------------------------------------------------------------

【番組情報】

文化放送 超!A&G+ 毎週日曜日23:3024:00 絶賛放送中

※マリンHPにてリピート配信! 翌週木曜日から1週間WEB配信

-----------------------------------------------------------------------

【関連リンク】

「天才軍師」公式HP    http://www.marine-e.net/sp/komei/

「天才軍師」公式ツイッター https://twitter.com/tensaigunshi

-----------------------------------------------------------------------



posted by 孔明 at 18:39| 日記